LINK
クルマの損害保険には自賠責保険または任意保険に代表されるふたつの分類が用いられています。任意保険、自賠責保険ともにもしものトラブルなど遭遇したときの補償を想定したものですが、内容は少々異なるのです。二つの保険においては補償できることが多少違ってきます。※事故の相手には任意保険・自賠責保険によって補償されるよう取り決められています。※自分に対しては、[任意保険]のみで補償されるよう取り決められています。※自己の所有する財産については「任意保険」で補償されるようになっています。自賠責保険それだけでは、自分への傷または乗用車に対する補償などのサポートは受けることができません。そして相手方に対する補償などの支援ですが自賠責保険であれば死亡してしまった時は最高3,000万円・障害を負わせてしまった場合上限額四〇〇〇万円などというように定められています。ただし賠償額が前に挙げた数字を超えることは珍しくありません。相手方の所有する車両・不動産を壊してしまったケースに関しては、加害した者の全くの自己補償とならざるを得ません。そのようなわけで任意保険という別の種類の保険が必要なのです。被害を受けた人の救いに重きを置く任意保険というものにも実は、それ以外の役目が存在します。※事故の相手に対しては死亡時もしくは手傷のほかにも乗用車あるいは建物といった種類の所有物を賠償してくれるのです。※自分へは、同乗者も対象として死亡時または傷害を補償してもらえるのです。※自己が所有する財産についてはマイカーを補償してくれるのです。このように様々な面での補償がしっかりしているのが任意保険最大の強みです。月額の掛金の支払いはもちろん必須となってしまうこととは引き換えに、事故の相手のためにも自分を安心させるためにもマイカーに乗るのであれば任意保険というものに入っておいた方がよいでしょう。