LINK

「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨をトレードして差益を狙う商取引です。メールレディ モコム

値は常時変動しています。目元のたるみ

それがレートです。不倫慰謝料請求を浮気相手

テレビのニュースをみていると、マーケットの話題が流れる時があります。コンタクトレンズ ギャラリー

例としてあげると、「本のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。高収入 短期 アルバイト

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという事を示しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを表しています。アトピー 漢方

言い換えると、FXには買いと売りの値があります。モウモウストップでツルぴか無毛素肌!!

売値、買値ではなくビット、アスクと示しているFX取引会社もあったりします。一粒ダイヤ激安

普段は売値の方が買値よりも安価に決められています。

買うときには高く、売るときには安くなるものです。

その差をスプレッドといい、会社の利益のひとつといわれています。

スプレッドの幅はFX会社によって違います。

スプレッドの広さは投資家にとって費用になるので、小さい業者を選んだほうが有益です。

ただ、同じFX取引会社でも場合によってスプレッドは変わります。

例えば普段はドルと円のペアでたった1銭のスプレッドの幅であっても、マーケットの上下がかなり激しいケースでは大きくなります。

そのため、スプレッドの幅が狭いのと合わせて、固定しているということが大事です。

現在では決まったスプレッド幅を表示するFX取引会社も数多く存在します。

実際に業者の売り買い画面で実際の為替レートを見なければ評価できないので面倒ですが、大事な事です。

多額の資金を投入して売買するのだから実際の注文の前に、関心があるFX会社の新規口座開設を全てして表示されているスプレッドの幅を確認しましょう。

同じ外貨でもその時点の変動率(ボラティリティ)によって、スプレッドは変化します。

一般的には、インターバンクマーケットで取引量の多い、流動性の高い通貨の組合せではスプレッドが狭くこの他のペアでは大きくなるのが一般的です。