LINK

自動車を手放す時や、車の処分のさいも印鑑証明という書類がなければなりません。机 通販 安い

この印鑑証明に関して解説していきます。バイタルアンサー 公式サイト

印鑑証明とは、実印として認められているということを裏付ける目的を持つものです。竹淵劍の遺憾の意日誌

これがないとその印鑑に関して実印で間違いないという事実が裏付けられません。

決して小さくない商談になる自動車の売却ですので、実印が必要ですが、それと同時に印鑑証明が出てきます。

印鑑証明書を発行するためにはまずは印鑑証明の手続きをすることが必要です。

印鑑証明書に登録する印鑑は正式には実印と呼ばれていて、この世に一つだけの印鑑であることが必須です。

印鑑を準備して役場の案内係に行くことで、印鑑登録の手続きができます。

印鑑登録の手続きが完了すると、印鑑登録カードなるものがもらえて、印鑑登録手続きをした印は実印になったということになります。

印鑑証明書を発行してもらうためには役所の担当部署へ行き専用の書類に必要項目を記載して印鑑登録カードを提示するだけで大丈夫です。

また自動交付機で印鑑証明書を交付することができます。

印鑑証明には有効期限はありません。

ですからどれだけ前の印鑑証明だとしても印鑑証明としての効力は持続するということになります。

ただ中古車売却の際は効力のある印鑑証明は3ヶ月以内に交付されたものとされています。

ほとんどの場合有効期限の定めはないですが、愛車の売却の際は業者側が必須となる有効期限を決めているので、もし売却を考えているとしたら、手元に置いておく必要があります。