LINK

カスタムカーについては、ディーラーを通して下取り査定を頼むと、なかなか歓迎されないことが多いでしょう。

カスタムカーは、大体はノーマルな車と比較して、いい車として販売しにくいというのが正直な気持ちだからです。

カスタムカーは、痛車やローダウン車等、査定を依頼する店が中心的に取り扱う車特色があるので、その専門に合わせて中古車の専門業者を選択し直接売却する方が、下取りしてもらうより、高い価格で引き取ってもらえます。

その時期の需給バランスに沿って、査定額は少なからず値動きするのは当たり前です。

実は、希少なパーツなどが含まれていると、なんとそのおかげで評価がプラスになる事が多いです。

パーツには色々なものがあります。

たとえば電装系パーツやマフラーカッター、LSDやホーン、サスペンション、メーターパネル、ウィング等の社外パーツなどです。

処分をする場合などでも、カスタムカーは、ほとんどの人には好みが分かれる場合が多いかもしれませんが、改造車好きの人にしてみれば価値があるものと言えるのです。

車のの店舗は競売その他を利用して、改造車を探している人へ転売できるからです。

改造車買取りの際の注意点として、まず、第一に、改造車を引き取る決まりは、改造申請してある車検適合車である必要があるので注意が必要です。

改造をしている車は、買取業者によって査定基準がかなり変わります。

色々な車の買取業者に査定を依頼して比べるとよいです。

買取査定の比較は、一括査定の場合無料ですし手間もかからずお勧めです。

おすすめの一括査定をいくつか紹介しますので使ってみるといいと思います。

いずれの査定サイトでも改造をしている車の買取額査定依頼のときは、入力するフォームに、追加オプションなど色々なものを入れるところがありますので、その欄に、改造の詳細を記入して送信すれば査定依頼ができるのです。