LINK

特定調停という方法も任意整理と同じように、それぞれ債権を有する者に借金の返済を続けていくことを選択する債務整理の形のことをいいます。

言い換えるなら裁判所が処理する債務の整理ということができます。

この特定調停という方法も任意整理による手続きと同じように、破産手続きとは異なって特定のお金のみをまとめていくことができますので、他の保証人が関係している負債を除いて手続きしたい場合やマンションのローンを別として整理をしていく際等においても使用することも可能ですし全ての財産を手放す義務はないので、貴金属やマンションなどの自分名義の財産を所有しているものの放棄したくない場合などでも有効な借金整理の手続きとなっています。

ただし、これから返済していく額と実際に可能な手取り額をかんがみて、ある程度返済が見通せるのであればこの方法で手続きを進めていくことは問題ありませんが破産手続きと違って返済義務そのものが消滅してしまうというわけではありませんので、負債の額がかなりある状況では実際問題として特定調停の選択肢を選ぶのは困難であるということになるでしょう。

あと、この方法だと公的機関が中に入るため司法書士等に見てもらわなくても不利になるようなことにはならないということとか、手続きのための費用を圧縮できるという点がありますが各債権者からのわずらわしい取り立てに対し債務者自身が対応することになる点に加え、文字通り裁判所に何度も通うことが求められるなどといった留意点もあります。

さらには、任意整理による方法と比べると、調停にて和解が成立しない際には金利をすべて含めた計画で返済していくことになることや結果的にお金の貸し手に対して返済する総額が任意整理による手続きと比べて高くなることが多い等の注意が必要な点もあります。